ベイビー保湿勉強ネット

しっかり保湿が重要

赤ちゃんの肌はつるつるで柔らかく、ずっと触っていたいほどすべすべですが、実はとてもデリケートで、放っておくとすぐトラブルを起こしてしまいます。

 

なので大人と同じかそれ以上に日常的なケアが必要です。

 

まず一番基本的なことは、お風呂の後の保湿です。タオルでしっかり体をふいたら、赤ちゃん用の保湿クリームをしっかり塗ります。

 

簡単ですが、わたしの経験からいうと、これをしっかりしているかどうかで肌トラブルを起こす確率が全く違ってきます。

 

しかしそれでもトラブルが起こることはあります。そういう場合はどうすればいいでしょうか。

 

赤ちゃんの肌トラブルで一番代表的なのはおむつかぶれではないでしょうか。特に夏場はあせもかきやすくむれやすいので、おむつかぶれを起こしやすくなります。

 

おむつかぶれを防ぐには、マメにおむつを交換するのが一番いいですが、それでもかぶれる時はかぶれます。

 

その場合は市販のおむつかぶれ用のクリームを塗ってあげると治りやすくなります。

 

またこのクリームはおむつかぶれ予防にも使えるので、おむつかぶれを起こしやすい赤ちゃんにはおむつ交換の時に1日何度か塗ってあげてもいいと思います。

 

このクリームでも症状が回復しない場合は、かかりつけの小児科で相談することをお薦めします。
おむつかぶれの次に代表的なトラブルはあせもだと思います。

 

あせももおむつかぶれと同じように夏場に多いトラブルです。あせも予防にはあせをかいたらこまめに拭いて着替えをすることが大事です。

 

それでも長時間ベビーカーやチャイルドシートに座っていたりして汗をたっぷりかいてしまうと、赤ちゃんの肌はデリケートなので全身にあせもが出てしまうこともあります。

 

そういう時はあせもがそれ以上ひどくならないように、肌を清潔に保つことが大切になります。

 

暫くしてもあせもがひかないときは、小児科を受診されることをお薦めします。場合によっては塗り薬が処方されることもあります。